スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【インドネシア】中ジャワ州知事選、闘争民主候補が優勢 






 

 中部ジャワ州総選挙委員会(KPUD)は、22日に投票が行われた同州知事選挙で闘争民主党(PDIP)が擁立したビビット・ワルヨ、ルストリニンシ組が44.1%を獲得して優勢との集計経過を明らかにした。
 
 同日午後7時の時点の結果で、有権投票者数2,586万1,234人のうち、開票数97万6,930票(無効票を含む)としている。投票率は明らかにしていない。
 
 次点はゴルカル党が擁立したバンバン・サドノ、ムハンマド・アドハン組で、得票率は22.6%。以降、イスラム急進派の福祉正義党(PKS)と民主党が推すスカウィ・スタリップ、スドハルト組が16.4%、開発統一党(PPP)、国民信託党(PAN)のムハンマド・タムジル、アブドゥル・ロザク・ライス組が11.4%、民族覚せい党(PKB)のアグス・スイトノ、アブドゥル・コリク・アリフ組が5.4%となっている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------






コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ddensdenden.blog103.fc2.com/tb.php/627-3d6d8396

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。