スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限界集落と呼ばないで 宮崎県知事、町村長が訴え 新名称 全国公募へ 東国原知事「明るいイメージに」 






 宮崎県は12日、「限界集落」に替わる新たな呼称を全国から募集すると発表した。県内の山間部住民から「地域活性化に一生懸命頑張っているのに、『限界』はやる気をなくす」「使わないで」などの要望があったという。東国原英夫知事は「宮崎県は『限界集落』の呼称を使っていない。『希望集落』のような、中山間地域が元気で明るい未来に向かうイメージの呼称が良い」と呼び掛けている。

 同県は、65歳以上の高齢者が住民の半数を超える集落が104カ所あり、このうち冠婚葬祭などの共同作業が低下した集落は32カ所。

 「限界集落」の呼称廃止を要望している黒木定蔵・西米良村長は「70歳代のお年寄りが年に40回も寄り合うなどして村おこしに励む地域を『限界』と言えるのか」と問題を提起...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



------------------------------------------






コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ddensdenden.blog103.fc2.com/tb.php/513-e8b78293

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。